カジ飯

カジ飯

モンテカルロ法とは?オンラインカジノの攻略法を徹底解説

2020.11.06

オンラインカジノに必勝法があるなら知りたいですよね?

初心者の方がなんとなくゲームをしていても、なかなか勝てないことが多いです。

本記事では、カジノでの必勝法といわれるモンテカルロ法について徹底的に解説していきます。

オンラインカジノでプレイするうえで非常にマッチした戦法です。

特別な技術は必要ないので、初心者の方でもすぐに使えるようになります。

モンテカルロ法を用いる際の注意点などもご説明しますので、最後までじっくりとご覧ください。

注意深くゲームを進めていけば、かなりの確率で勝つことができます。

モンテカルロ法をマスターして、強豪プレイヤーの仲間入りを果たしましょう!

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法はカジノにおいて必勝法ともいわれる戦術です。

高確率で勝てる攻略法ですのでぜひマスターしましょう。

モンテカルロ法の賭け方は、特定の法則にもとづいて数列を書き、数列から得られた計算結果を利用して次のゲームの賭け方を決めていくという攻略法です。

「負け」があることが前提でゲームを進めていき、損失を回収するための賭け方を数列によって導き出していきます。

数あるカジノのゲームの中でも、配当が3倍(勝率約30%)のゲームにおいて、特に有効な攻略法です。

配当が2倍のゲームでも使用できますが、一定の条件がそろわないと損失を回収できませんので、ご注意ください。

モンテカルロ法はオンラインカジノでは堂々と使える!

モンテカルロ法はオンラインカジノでは堂々と使える!

モンテカルロ法は数列を使った複雑な計算を必要とします。

確実に勝つためには、紙とペンを用意して、計算ミスを防止しなくてはなりません。

リアルカジノでは、メモが取れず頭の中で計算していく必要があるため、運用するのは困難です。

しかし、オンラインカジノでは自宅でじっくりと腰を据えてゲームに取り組むことができるので、オンラインカジノと相性が良い攻略法と言えるでしょう。

先ほど申し上げた通り、数列を用いてゲームを展開させていくので、一回ごとに念入りに計算する必要があります。

具体的な進め方については、以下で詳しくご説明します。

3倍配当の場合のモンテカルロ法の進め方

モンテカルロ法 やり方

モンテカルロ法は配当3倍のゲームにおいて、特に効力を発揮する攻略法です。

本記事においても、3倍配当のゲームを想定して、進め方をご説明します。

説明が分かりやすくなるよう、賭け金に「ユニット」という単位を設定しておきましょう。

”1ユニット=1ドル”として、ご覧ください。

最初に、紙に「1・2・3と書き出す」

まずは、紙に1・2・3と書いてください。

モンテカルロ法では、紙に書かれた数字の両端を足していき、両端の数字を足した合計をユニットと定めます。

ルールに従って、1と3を足しましょう。

1+3=4になりますね。

あなたが次のゲームで用いるユニット数は”4ユニット=4ドル”と求められました。

最初の勝負に勝った場合

勝負に勝った場合は、数列の両端に書かれた数を2つずつ(計4つ)消していきます。

最初の勝負に勝つと、紙には「1・2・3」と書かれていますね。

「2」が真ん中で「1」と「3」が両端に来ますので、「1・2・3」と「2」だけが残ります。

数字が残り1つになったら、一連の流れは終了です。

4ドルの勝ちでゲームセットとなりますので、再び紙に「1・2・3」と書きます。

最初の勝負に負けた場合

勝負に負けた際は、紙に書いた数列の右端に数を足していきます。

最初の段階では「1・2・3」と書かれていますので、「4」を書き足してください。

数列は「1・2・3・4」ですね。

次のユニットを決めるには両端の数字を足し算します。

「1+4=5」で、次のゲームのユニットは「5ユニット=5ドル」と求められました。

現在の損益は4ドルの負けで、-4ドルです。

2回連続で勝負に負けた場合

二連続で負けてしまった場合はどうなるのでしょうか。

最初に負けたときと同じく、数字を書き足します。

「1・2・3・4」に「5」を追加しますので、紙には「1・2・3・4・5」と書かれるはずです。

両端の数を足していきますので、次のゲームのユニットは「1+5=6」と求められます。

5ドル負けたので損益は「-4+-5=-9」で、-9ドルになります。

3回連続で勝負に負けた場合

3回連続で負けてしまったとします。

3回負けたときでも、焦らずに数列の右端にひとつ数字を書き加えてください。

数列は「1・2・3・4・5・6」となります。

次のユニットは「1+6=7」、7ドルを賭けましょう。

6ドル負けて損益は「-9+-6=-15」で、-15ドルです。

4回目の勝負に勝った場合

4回目で勝ったときの行動は、これまでと変化していきます。

勝った際のルールは、両端の数字を2つ消すことでしたね。

紙に書かれた数列は「1・2・3・4・5・6」となり、「3」と「4」が残りました。

数列の両端を足してユニットを決めますので、自動的に「3+4=7」となり、次のゲームでは7ドルを賭けます。

7ドル勝ちましたので、3倍の配当がもらえ、賭け金を除いた14ドルがあなたに支払われます。

この時点での損益は「-15+14」で-1ドルになりました。

5回目の勝負に勝った場合

5回目に勝った場合を考えてみましょう。

勝ったので紙に残っていた左右の「3」と「4」を消します。

数字がすべて消えた場合も終了と見なしますので、ここでゲームセットです。

(数字が一つになっても終了)

損益を計算してみましょう。

7ドルを賭けて3倍の配当ですので、賭け金を除く14ドルを獲得しました。

「-1+14=13」となり、最終的には13ドルの勝ちでゲームを終えることになります。

徐々に賭け金をつり上げていき、途中で出た損失を回収したうえで、あなたの勝ちで締めくくることができました。

モンテカルロ法はトータルでの勝率が上がる攻略法

モンテカルロ法はトータルでの勝率が上がる攻略法

シミュレーションしたように、モンテカルロ法は、大きな損失が生じるリスクを抑えつつ最終的にはプラスでゲームを終える攻略法です。

書かれた数列が減っていき、数字がなくなることが勝利を意味します。

ルールをおさらいしてみましょう。

・負けたときは数字を1つ右端に足す

・勝ったときは両端の数字を2つずつ(計4つ)消す

結果として、4回に1回の割合で勝てば、モンテカルロ法は成功していると考えてよいでしょう。

25%の勝率をキープできていれば、基本的に安全な攻略法です。

一回ごとの勝ち負けではなく、トータルでの勝率を意識してみてください。

モンテカルロ法は、勝率をコントロールしつつ手堅く勝てることが、カジノでの必勝法として定着している理由です。

ルーレットとモンテカルロ法は相性が良い

ルーレットとモンテカルロ法は相性が良い!

モンテカルロ法はオンラインカジノにおいて非常に有効な攻略法ですが、中でも相性の良いゲームがあります。

モンテカルロ法は配当が3倍で、勝率が30%以上のゲームにマッチするのです。

ルーレットが条件を満たしており、特にモンテカルロ法と相性が良いとされています。

オンラインカジノのルーレットには、ダズンベットとコラムベットという賭け方があります。

ルーレットの「1~12」「13~24」「25~36」の3つのうち、いずれかに玉が落ちることを予想するのがダズンベットです。

コラムベットでは、テーブルを縦3列に分けて、落ちる玉の列を予想します。

いずれの賭け方でも的中率は3分の1になるので、配当も3倍になりますね。

モンテカルロ法が有効なゲーム3選

モンテカルロ法が有効なゲーム3選

ルーレット以外にも、モンテカルロ法が有効なゲーム3つご紹介します。

  1. ベラジョンカジノのルーレット(Roulette Pro – Advanced)
  2. ビットカジノのバカラ(Baccarat BSG)
  3. EMPIRE777カジノのマネーホイール(SUPER WHEEL)

①ベラジョンカジノのルーレット(Roulette Pro – Advanced)

前述した、ダズンベットとコラムベットが可能なルーレットです。

配当3倍・勝率30%の典型的なパターンですので、モンテカルロ法との相性はバッチリといえます。

Roulette Pro – Advancedは、クラシックな趣のあるゲームテーブルです。

ルーレット初心者の方でも、すんなりとゲームに参加することができるでしょう。

無料プレイも可能なことから、モンテカルロ法を習得するには理想的なゲームといえます。

最大で5,000ドルをベットできますので、慣れてきたら大勝負をしかけて大金を稼ぐことも夢ではありません。

>>ベラジョンカジノのボーナスは6種類!効率的なボーナス出金方法も解説!

②ビットカジノのバカラ(Baccarat BSG)

バカラでは、ディーラーとプレイヤーの2名が対戦し、参加者はいずれかの勝ちまたは両名の引き分け(タイ)にベットします。

バカラでは、タイが発生する確率は非常に低くなりますので、ディーラーかプレイヤーどちらか二択でのベットが安全といえるでしょう。

バカラでモンテカルロ法を用いるには、後述する2倍での賭け方がおすすめです。

ビットカジノはバカラの種類が豊富ですが、特に「Baccarat BSG」は盤面のレイアウトも美麗でストレスなくプレイできるでしょう。

1ドル~100ドルの範囲でベットが可能です。

1ドル単位でプレイすれば、リスクを格段に抑えたプレイを行えます。

>>仮想通貨を使う人におすすめ!ビットカジノの特徴5つや入出金サービスを解説

③EMPIRE777カジノのマネーホイール(SUPER WHEEL)

マネーホイールは、5種類の数字と2つの絵柄が描かれたホイールを回転させて、どこに止まるかを当てるというシンプルなゲームです。

区画が52または54あり、大きい数字ほど区画が少なくなっています。

数字が大きいほうが配当が多く、絵柄が最も大きな配当になります。

特定の数字を集中的にねらっていけば、モンテカルロ法が成立しやすいでしょう。

EMPIRE777の「SUPER WHEEL」は賭け金の額が、他のゲームより多めなので、効率的に稼げます。

ただし、ルーレットに比べると勝率は下がるので注意が必要です。

仮に2番目に小さい数を狙う場合、区画が15で勝率が30%を下回ることになります。

>>せっかく遊ぶならVIP特典が豪華なエンパイアカジノ!5つの特徴解説

モンテカルロ法の3つの注意点

モンテカルロ法の3つの注意点

必勝法といわれるモンテカルロ法ですが、運用の仕方を誤ると思わぬ損失を招くことがあります。

特に注意していただきたい点を3つ挙げますので、しっかりと覚えておいてください。

  1. 配当が2倍か3倍かで賭け方が変わる
  2. 1回の勝利では損失を取り戻せない
  3. 数列や計算の間違いには注意

①配当が2倍か3倍かで賭け方が変わる

先ほど、実際のゲームの進め方についてご説明しましたが、配当の倍率によってゲームの進め方が変わります。

ルーレットの「赤か黒か」「偶数か奇数か」など、二択を行う場合は、配当は2倍(勝率50%)です。

バカラも基本的には二択と考えてよいでしょう。

配当が2倍のケースでは、勝ったときに消す数字は両端の1つずつだけにしてください。

モンテカルロ法での勝率を30%に保つためです。

消せる数字が減るため、3倍のときよりも1セットあたりのゲーム時間が長くなります。

ゲーム時間が長くなることで、計算の手間も増え、より高い集中力が求められるでしょう。

最初のうちは3倍の配当でプレイして、モンテカルロ法を習熟させたほうが得策といえます。

②1回の勝利では損失を取り戻せない

モンテカルロ法は「負け」を前提とした攻略法で、勝率をコントロールしながらゲームを進めていき、最終的に勝つというものです。

ある程度の長期戦を想定しており、一回勝っただけでは、損失を取り戻すことができません。

同じく「負け」を織り込んだ攻略法にマーチンゲール法があります。

ゲームに負けるごとに倍額をベットして、一発で逆転を狙うものです。

>>マーチンゲール法とは?オンラインカジノの攻略法を徹底解説!

ゲームに勝つたびにさらに倍額を賭けて大金をねらう攻略法はパーレイ法です。

「勝つこと」のみを考えた攻めの姿勢を貫きます。

>>パーレイ法とは?オンラインカジノの攻略法を徹底解説!

2つの攻略法と比べると、モンテカルロ法の運用には根気が必要といえるでしょう。

③数列や計算の間違いには注意

モンテカルロ法は、数学的な法則にもとづいた攻略法といえます。

こまめに計算を行い、勝率を保つための賭け方を導き出し、着実に実行していくことが

成功のカギです。

数列の操作を誤ったり計算を間違えてしまうと、効力を十分に発揮できません。

最悪のケースでは、計算ミスから生じた損失をカバーできずに、負け越してしまう可能性もあります。

地道な計算を着実にこなすことで、実現できる必勝法です。

オンラインカジノのゲームはご自身のペースで進めることができるため、慣れるまでは各オンラインカジノ公式サイトの無料プレイで経験を積むようにしましょう。

まとめ:モンテカルロ法は「進め方」に従えば勝率が上がる!

まとめ:モンテカルロ法は「進め方」に従えば勝率が上がる!

モンテカルロ法は説明した「進め方」に従って賭け金を決め、勝率をコントロールしながら稼いでいく攻略法です。

カジノでの必勝法のひとつで、オンラインカジノで用いるのに非常に適していると言えるでしょう。

「負け」を前提としたゲームの進め方は、初心者の方には斬新に思えるかもしれません。

地道に損失を取り戻しつつ、最終的に勝つというやり方で、ある程度の長期戦を想定してゲームをプレイします。

ゲームに負け続けても途中で投げ出さない根気強さと、1ゲームごとに計算を行っていく集中力がモンテカルロ法を使用する上で重要なポイントです。

まずは無料プレイで完全に習得することをおすすめします。

モンテカルロ法を駆使して、稼げるプレイヤーを目指しましょう!

この記事を見た人は、
下記の記事もご覧になっています

Categoryカテゴリー一覧