カジ飯

カジ飯

オンラインカジノの攻略法ココモ法を徹底解説!【初心者必見】

2020.11.06

「ココモ法ってどんな攻略法なの?」

「ココモ法を使えば勝てるようになるの?」

オンラインでカジノゲームをプレイしたり、攻略法を探したりする上で、このような悩みや疑問を持ったことはありませんか?

オンラインカジノには色々な攻略法や必勝法があり、それぞれを適切に使うことで勝率を上げることができます。

今回の記事で紹介するのは、1回の勝ちで利益を上げられるオンラインカジノの人気の攻略法、「ココモ法」です。

ココモ法はオンラインカジノのポピュラーな攻略法ですが、決して万能ではなく、相性の良いゲームや使うべきタイミングが決まっています。

ココモ法を実際に使った際のシミュレーションや相性の良いゲーム・注意点などもご紹介します。

この記事を読めば、ココモ法について理解が深まり、オンラインカジノで勝率を上げることができるようになるでしょう。

ココモ法とは?一回の勝ちで利益がでる攻略法!

ルーレット

先述した通り、ココモ法は一回の勝ちでそれまでの損失を補填し、利益を上げることができるオンラインカジノの攻略法です。

実は、統計的にもココモ法で利益を上げられることは証明されています。

だからこそ、ココモ法は全世界のカジノプレイヤーにも知られている、ポピュラーな攻略法なのです。

ココモ法は慣れれば簡単に使えるので、初心者にもオススメできます。

ココモ法は、オンラインカジノの攻略法としてよく知られているマーチンゲール法をさらに改良して作られたものなので、マーチンゲール法についても確認してみましょう。

カジノゲームの攻略法マーチンゲール法との違い

ダイス

マーチンゲール法とはココモ法のベースとなっている、カジノの有名な攻略法です。

まずはマーチンゲール法について知っておきましょう。

マーチンゲール法について詳しく知る

マーチンゲール法は、負けるたびに前回のベット額の倍額を賭ける、という攻略法です。

この方法だと、どれだけ負けても次の勝ちでそれまでの負けを全て取り返して、利益を出すことができます。

マーチンゲール法には一つ大きな欠点があります。

それは、2倍配当(ベット額の2倍が払い戻される)のゲームでしか使えないという点です。

実は、ココモ法もマーチンゲール法と同じく、負けるたびにベット額を増やしていく攻略法。

ただし、ベット額の増やし方と使えるゲームはマーチンゲール法と異なります。

ココモ法の具体的なベットの仕方と使えるゲームは後述します。

マーチンゲール法が2倍配当のゲームで使えるのに対して、ココモ法は3倍配当のゲームで使える攻略法です。

両方ともに学んでおくことで、オンラインカジノでのゲーム選択の幅が広がり、より様々なゲームで利益を上げられるようになりますよ。

ココモ法のメリットとは?

カジノのチップ

ココモ法はマーチンゲール法と同じく、負けが続いても一度の勝ちで利益を上げられます。

それだけだとわざわざ覚えなくとも、「マーチンゲール法が有効なゲームでだけ遊べばいいのでは?」と思う方もいるでしょう。

実は、両者の攻略法を比べると、ココモ法の方が有利だといえる点が2つあります。

  1. 少額の資金で利用できる
  2. 連敗を重ねるほど利益が大きくなる

それぞれ、詳しく説明します。

①少額の資金でも使える

ココモ法のメリットとして、少額の資金でも利用できる、という点があります。

マーチンゲール法と比べても、かなり少ない資金でカジノゲームをプレイできます。

少ない資金で利用できるなら、ぜひ使い方を覚えておきたいですよね。

以下で、両者のベット額を比較してみました。

どちらも同じ、ベット額1ドルでゲームを始めた場合のシミュレーションです。

ゲーム数マーチンゲール法のベット額ココモ法のベット額
1ゲーム目1ドル1ドル
2ゲーム目2ドル1ドル
3ゲーム目4ドル2ドル
4ゲーム目8ドル3ドル
5ゲーム目16ドル5ドル
6ゲーム目32ドル8ドル
7ゲーム目64ドル13ドル
8ゲーム目128ドル21ドル

マーチンゲール法は8ゲームで100ドル以上のベット額が必要になります。

対して、ココモ法ではなんと、8ゲーム目に必要なベット額はたった21ドル。

もちろん、ベット額が比較的少なくても、しっかりと利益が出るようになっています。

②連敗を重ねるほど利益が大きくなる

ココモ法の大きな特徴として、「連敗を重ねるたびに勝った時の利益が大きくなる」点が挙げられます。

マーチンゲール法では「連敗を重ねて勝った時には、最初のベット額分が利益」になります。

1ドルから始めて2連敗したとしても5連敗したとしても、最初に勝った時に儲かるのは1ドルです。

対して、ココモ法を使う場合は、2連敗より5連敗した時の方が勝った時の利益は大きくなります。

さらに資金は少なくて済むので、非常に有効な攻略法だということがよくわかりますね。

ココモ法を実践で使用する時の注意点3選

指差し オンラインカジノ

ここまで、ココモ法の概要と利点などについて紹介してきました。

ですが、もちろんデメリットや注意点が存在します。

デメリット・注意点は以下の3点。

  1. 2倍配当のゲームでは利用不可
  2. 連敗する確率が高く根気が必要
  3. ベット額の上限に注意!損切りラインを設定する

それぞれ、詳しく解説していきます。

①2倍配当のゲームでは利用不可

先述しましたが、マーチンゲール法との違いとして、「2倍配当のゲームでしか使えない」という点が挙げられます。

初心者の方は、特に2倍配当のゲーム(ルーレットの赤黒やバカラ等)の方がわかりやすいため、ココモ法を使う機会は少ないかもしれません。

ですが、オンラインカジノに少し慣れてくると、2倍配当のゲーム以外も遊びたくなることでしょう。

そんな時は、3倍配当のゲームで使えるココモ法が役に立ちますよ。

ちなみに、2倍配当のゲームで使った場合、連敗した後に勝ったとしても利益は生まれません。

ココモ法が有効な代表的なゲームとしては、以下が挙げられます。

  • ルーレットのカラムベット
  • ルーレットのダズンベット

②連敗する確率が高く根気が必要

ココモ法は、3倍配当のゲームに有効な攻略法ですが、2倍配当のゲームと比べると勝率が少し悪くなります。

マーチンゲール法が有効な2倍配当のゲームであれば勝率50%、2回に1回は勝てる計算になります。

対して、ココモ法が有効なゲームは勝率が約33%前後なので、3回に1回しか勝てません。

連敗する確率が高いため、少し根気が必要になりますね。

両者の攻略法を比べて、連敗する確率を計算してみました。

ゲーム数マーチンゲール法の連敗率ココモ法の連敗率
1ゲーム目50%約67%
2ゲーム目25%約44%
3ゲーム目約13%約29%
4ゲーム目約6%約19%
5ゲーム目約3%約13%

マーチンゲール法では、4連敗する可能性は6%に対して、ココモ法では19%もあります。

連敗率が高いため、少し根気が必要な点がココモ法のデメリットでしょう。

③ベット額の上限に注意!損切りラインを設定する

ココモ法に限らず、ほとんどのオンラインカジノの攻略法を使う際に、ネックになるのが「テーブルリミット」です。

テーブルリミットとは、カジノのゲームごとに設けられた一度に賭けられる上限金額のこと。

ほとんどのオンラインカジノで、このテーブルリミットが定められています。

ココモ法が有効な代表的なゲームである、ルーレットのカラムベットとダズンベットでは、多くの場合テーブルリミットは250ドルです。

1ドルでゲームを始めた場合は14ゲーム目で250ドルを超えてしまい、ベット額を増やせなくなります。

10ゲームを超えたあたりから、残り3ゲームで3連敗する可能性は約29%とかなり危険になってくるので、10ゲーム前後くらいで損切りのラインを決めておくべきでしょう。

カジノゲームで実際に使ってみよう!ココモ法の使い方

ココモ法 やり方

さて、ここまでココモ法のメリットやデメリット・注意点を解説しました。

デメリットもしっかり理解できたので、ココモ法をオンラインカジノで実際に使ってみたい、と思っている方も多いでしょう。

それでは、ココモ法の使い方をご紹介します

ココモ法は連敗することを前提に使う攻略法。

ベット額は前回と前々回のベット額によって決定されます。

また、ココモ法を使う際には「ユニット」という考え方を使います。

ユニットとはベット額を表す単位です。

1ユニット=〇〇ドル、として計算を行います

例えば、1ユニット=1ドルなら5ユニット=5ドルですし、1ユニット=3ドルなら5ユニット=15ドルとなりますね。

ユニットの金額は自分で決めます。

初心者であれば、まずは1ユニットを1ドルか2ドルに設定すると良いでしょう。

ユニットを使うことで、1ゲーム目のベット額が変わっても計算がしやすくなるというメリットがあります。

実際に使う際にはメモを取りながら行うと計算間違いを防げるので、オンラインカジノでココモ法を使う際は、メモ帳など準備しておくと良いでしょう。

ベット額の決め方

まずは、ココモ法を使う際のベット額の決め方を紹介します。

ベット額の決め方は簡単で、前回と前々回のベット額を合計した金額が新たなベット額となります。

ですが、1回目と2回目のゲームについては、前回・前々回のゲームが存在しないですよね。

1回目・2回目のゲームでは、どちらも1ユニットがベット額となるので、これは暗記してください。

下記の表を見ると、イメージがしやすいでしょう。

ゲーム数前前回のベット額前回のベット額ベット額
1ゲーム目1ユニット
2ゲーム目1ユニット1ユニット
3ゲーム目1ユニット1ユニット2ユニット
4ゲーム目1ユニット2ユニット3ユニット
5ゲーム目2ユニット3ユニット5ユニット
6ゲーム目3ユニット5ユニット8ユニット
7ゲーム目5ユニット8ユニット13ユニット
8ゲーム目8ユニット13ユニット21ユニット
9ゲーム目13ユニット21ユニット34ユニット
10ゲーム目21ユニット34ユニット55ユニット

1・2ゲーム目は1ユニット、3ゲーム目は1・2ゲーム目のベット額を足して3ユニット。

といった具合に、前回のベット額と前々回のベット額を足して、今回のベット額を決めていきます。

ココモ法で勝つ確率をシミュレーション

ココモ法が有効なゲーム(3倍配当、勝率33%程度)は、連敗する可能性が高いことは説明しました。

では、3倍配当のゲームを行う際にそれぞれのゲーム数で勝つ確率はどれくらいでしょうか。

連敗する確率と一緒に確認してみましょう。

ゲーム数連敗する確率勝つ確率
1ゲーム目約67%約33%
2ゲーム目約44%約56%
3ゲーム目約29%約71%
4ゲーム目約19%約81%
5ゲーム目約13%約87%
6ゲーム目約8%約92%
7ゲーム目約5%約95%
8ゲーム目約3%約97%
9ゲーム目約2%約98%
10ゲーム目約1%約99%

ココモ法では、10ゲーム以内に勝つ確率が約99%と非常に高くなっています。

高い勝率の恩恵を受けるためには、できれば10ゲーム目程度までは、資金が尽きないように準備しておきたいですね。

  • テーブルリミット
  • 自身の資金額

これらを参考に、10ゲーム目までベットし続けられるように、1ユニットを何ドルにするべきか計算してみましょう。

ちなみに、10ゲーム目まで掛け続ける場合、必要となるユニット数は143ユニットとなります。

勝利時に獲得できる利益

おそらく、みなさんが最も気になるであろう、ココモ法を使って勝った時に得られる利益額を紹介します。

先述した通り、ココモ法は連敗が続けば続くほど勝った時の利益が大きくなる攻略法です。

1ユニット=1ドルとしてゲームを行なった場合の利益を、以下で表にまとめたのでぜひご覧ください。

ゲーム数ベット額累計のベット額利益
1ゲーム目1ドル1ドル2ドル
2ゲーム目1ドル2ドル1ドル
3ゲーム目2ドル4ドル2ドル
4ゲーム目3ドル7ドル2ドル
5ゲーム目5ドル12ドル3ドル
6ゲーム目8ドル20ドル4ドル
7ゲーム目13ドル33ドル6ドル
8ゲーム目21ドル54ドル9ドル
9ゲーム目34ドル88ドル14ドル
10ゲーム目55ドル143ドル22ドル

このように、1回目で勝った場合の利益は2ドルですが、10回目で勝った場合は22ドルにまで膨らみます。

例外として、2回目で勝った場合は1回目よりも利益が下がり、3回目・4回目で勝った場合は1回目で勝った場合と同様の金額が利益となりますね。

4連敗以降は、勝った時の利益がどんどん増えていきます!

ぜひ、オンラインカジノでココモ法を実践してみてください。

まとめ:ココモ法を活用してオンラインカジノを攻略しよう!

スロット

この記事ではオンラインカジノにおける攻略法である、ココモ法をご紹介しました。

ココモ法は誰でも簡単に扱えて、少ない資金でも連敗に耐えられる攻略法です。

ココモ法を忠実に行えば、10連敗する確率は1%程度で、着実に利益を上げられます。

しかし、ココモ法は勝率33%前後で3倍配当のゲーム(ルーレットのカラムベット・ダズンベットなど)でしか有効ではありません。

また、テーブルリミットや自身の資金額を把握していなければ、連敗のまま終わってしまう場合も。

重要なのは、ココモ法を忠実に行うことと、損切りラインを決めておくことです。

それさえ守ることができれば、初心者の方にも扱いやすいココモ法は3倍配当のゲームにおいて、非常に強い攻略法だと言えるでしょう。

当記事で紹介しているオンラインカジノは、入金不要のボーナスがあったり、日本語サポートをしていたりと初心者さんにぴったりです。

ココモ法を試してみたいという方は、ぜひオンラインカジノに登録してみてはいかがでしょうか。

初心者には、3倍配当のゲームが多数あり、日本語のサポートもあるベラジョンカジノがオススメです!

>>ベラジョンカジノのボーナスは6種類!効率的なボーナス出金方法も解説!

この記事を見た人は、
下記の記事もご覧になっています

Categoryカテゴリー一覧