カジ飯

カジ飯

ブラックジャックのカウンティングを簡単にやる方法&注意点を紹介!

2020.10.28

カジノの中でも人気の高いブラックジャックの必勝法であるカウンティングについて、「初心者にオススメのカウンティング方法が知りたい」「オンラインカジノでも使えるの?」と、お悩みの方も少なくないでしょう。

そこで今回は、カウンティングの基礎から実際の使用方法を紹介していきます。

また、記事後半ではオンラインカジノでのカウンティングについても解説していきます。

この記事を読んで、カウンテイングを使いこなせるようになり、カジノでの勝率を上げていってください。

カウンティングとは?

カウンティングとは、場に出ている配られたカードを記憶(記録)し、場に出ていないカード(シュー)を予測することを言います。

もしも場に出ているカードを記憶し、まだ配られていないカードを把握できれば、ベストな選択を行うことが可能です。

本章では、そんなブラックジャックの必勝法であるカウンテンィングについて、解説していきます。

カウンティングについての理解を深める上で、おさえておきたいことは以下の2つです。

  • カウンティングの仕組み
  • カウンティングの種類

それでは、詳しくみてカウンティングの特徴を理解していきましょう!

カウンティングの仕組み

カウンティングで大切なことは、まだ出ていないシューの中のカードを予測することです。

ブラックジャックは、「10」として扱われる「10・J・Q・K・A」のカードに生じる偏り(デッキ内でのバラつき)をうまく利用することが、カウンティングではとても重要です。

もし、シューの中に「10」が多く、あなたのカードが「10」や「11」である場合、非常に有利な状況です。

しかし、シューの中に「10」が多く、あなたのカードが「15」付近であった場合、バーストする危険が高く不利な状況です。

カウンティングの種類

本章では、数種類あるカウンティングの方法の中から初心者にオススメな代表的なカウンティング3つについて解説します。

どれも有名な方法で、考え方や覚えることもシンプルで始めやすいでしょう。

  • カジュアルシステム
  • K-Oシステム
  • ハイローシステム

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

カジュアルシステム

1つ目に紹介する、カジュアルシステムは、場に出ているカードを見て感覚で判断する方法です。

特徴としては、細かい数字を記憶する必要がないため、初心者の方がカウンティングを始める場合にもオススメです。

元々カジュアルシステムは、熟練したギャンブラーが使う伝統的な方法でしたが、判断方法は基本的に以下の2パターンでとてもシンプルです。

  • 場に出ているカードに小さい数が多いため、プレイヤーに有利の状況であると判断する
  • 場に出ているカードに大きい数が多いため、プレイヤーに不利な状況であると判断する

初心者の方でも、始めやすいカウンティング方法なので、ぜひ感覚や勘が鋭い方は利用してみてください。

K-Oシステム

2つ目に紹介するのは、K-Oシステム(ノックアウトシステム)です。

K-Oシステムは、カジュアルシステムのように「勘に頼るのは嫌」という方にオススメです。

K-Oシステムは、まずカードごとに決められた得点を覚え、ゲームの流れを得点化することでチャンスを見極める方法です。

カードごとに決められ得点は、以下の通りです。

得点カードの種類
-1点「10、J、Q、K、A」のカード
0点「8、9」のカード
+1点「2、3、4、5、6、7」のカード

得点の合計がプラス2以上の場合、プレイヤーに有利な状況と考えます。

プラス3以上の場合は、かなり有利な状況です。

合計がプラス2未満の場合、プレイヤーに不利な状況なので強気な勝負は控えて、ディーラーのバーストを待つようにしましょう。

ハイローシステム

3つ目に紹介するのは、カウンティングの代名詞ともいえるハイローシステムです。

K-Oシステムと似ていますが、カードごとに決められた得点が異なるため、混同しないように注意しましょう。

ハイローシステムのカードごとに決められ得点は、以下の通りです。

得点カードの種類
-1点「10、J、Q、K、A」のカード
0点「7、8、9」のカード
+1点「2、3、4、5、6、」のカード

ハイローシステムも、ゲームの流れを得点化することでチャンスを見極める方法という点でK-Oシステムと同じです。

ハイローシステムの方が歴史が古い分利用者も多いですが、K-Oシステムと大きな違いはないため、得点などの覚えやすい方を選択すると良いでしょう。

次の章からは、ハイローシステムを用いて実際にカウンティングの方法を紹介します。

カウンティングの方法(ハイローシステムを例に紹介)

カウンティングは、ゲームの場に出ているカードを覚えて、まだ使用されていないシューの中身を把握していくことです。

しかし、すべて覚えていくことが困難なため、ハイローシステムのようにカードを得点化して簡易な計算を行うことでチャンスを見極めます。

以下、ハイローシステムを例に、ブラックジャックの見極め方法を解説していきます。

カウンティングの結果が「マイナス」になる場合

ハイローシステムにおいて、合計得点が「マイナス」である場合は、「10」の役割のカードが多く使用されています。

つまり、場に出てきていない未使用のカードの中に、「10」の役割のカードが少ないことを意味します。

「10」の役割のカードが少ないと、当然あなたに「10」の役割のカードがくる可能性は低くディーラーがバーストしにくいため、あなたにとって不利な状況です。

ハイローシステムによるカウンティングの結果が「マイナス」である場合は、無理な勝負は控えましょう。

カウンティングの結果が「プラス」になる場合

合計得点が「プラス」である場合は、「10」の役割のカードが多く残っているので、シューの中に「10」の役割のカードが多くあなたに「10」の役割のカードがくる可能性が高いです。

また、ディーラーはバーストの可能性が高くなる不利な状況で、あなたにとっては有利な状況なので積極的な勝負をしかけても良いでしょう。

なお、合計得点がプラスマイナスゼロのときは、大きな数字のカードをひく可能性が十分見込めます。

やや有利な状況と言えますが、ゲームの流れが変わる可能性もあるため、慎重な判断が必要です。

カウンティングを行う際の2つの注意点

カウンティングを行う際の注意点は、2つあります

  • シューの中に「10」以外のカードが多い場合はプレイヤーに不利
  • カウンティング自体が禁止されていることもある

カウティングで勝ちを重ねていく上で重要な要素となるため、しっかりと理解しておきましょう。

シューの中に「10」以外のカードが多い場合はプレイヤーに不利

前述してきたように、シューの中に「10」の役割のカードが多くある場合は、プレイヤーに有利な状況です。

また、シューの中に「10」の役割のカードが少ない場合は、プレイヤーに不利な状況です。

カウティングで大切なことは、不利な状況で大きな勝負をかけないことです。

ゲーム中は、シューの中に「10」以外のカードが多い場合を察知できるように、アンテナをはっておきましょう。

カウンティング自体が禁止されていることもある

カウンティングは、トレーニングを積むことで、一定の成果を上げることができる有名な必勝法です。

そのため、本場のカジノ施設(ランドカジノ)では禁止されています。

しかし、オンラインカジノ(ネットカジノ)によっては使用できる場合も多いので、オンラインカジノでブラックジャックを行う際には活用していきましょう。

※オンラインカジノでもカウンティングが禁止の場合もあるので、規約を十分に確認しましょう。

オンラインカジノはメモを使ってカウンティングできるの?

ハイローシステムのような簡易な計算であっても、慣れるまでは得点の合計を算出することを難しく感じる人も多いと思いでしょう。

そんな方には、メモを使ってカウンティングする方法がオススメです。

ここでは、以下の2点について詳しく紹介していきます。

  • メモでカウンティングする方法
  • メモを使ったカウンティングの注意点

とくに「メモを使ったカウンティング の注意点」は、大切なのでしっかりと理解しておきましょう。

メモでカウンティングする方法

ブラックジャックでカウンティングを行うときは、下記のような表をメモに書いていくと良いでしょう。

回数1戦目2戦目3戦目
ディーラー+3-2+2
プレイヤー1-2+1+1
プレイヤー2+1-1
プレイヤー3-200
今回の合計得点-10+2
総合計得点-1-1+1

ゲームを継続していく中で、総合計得点を算出していくことが重要になります

ぜひ、上記の表を参考に自分が使いやすいメモを作ってみてください。

メモを使ったカウンティングの注意点

メモを使ったカウンティングは、オンラインカジノ限定の必勝法と言えるでしょう。

しかし、この方法も全てのオンラインカジノで使用できるわけではなく、ランドカジノ同様にカウンティング自体を禁止している場合もあります。

「オンラインカジノならバレないじゃん」と思えますが、疑惑をもたれた場合には、ゲームへの出入り禁止などの厳しい措置も考えられます。

十分に利用規約などで、メモを使用したカウンティングが可能か確認をしてから行うようにする注意が必要です。

まとめ:ブラックジャックはカウンティングを活用すれば有利だが、注意点もある

今回は、ブラックジャックのカウンティングの初心者にオススメな3つの方法や注意点、オンラインカジノでの使用可否について紹介しました。

初心者の方は、下記の3点から自分にあったカウティング方法を選択すると良いでしょう。

  • カジュアルシステム
  • K-Oシステム
  • ハイローシステム

また、ハイローシステムやK-Oシステムは、一部のオンラインカジノ限定でメモを使ったカウンティングが可能です。

カウンティングは、ゲームの流れや勝負をかけるタイミング、大きな勝負を避けるべきタイミングが把握できる必勝法といえます。

ぜひ、自分にあったカウンティング方法をマスターしブラックジャックで良い成績を出せるようにしてみてください。

>>【ブラックジャック必勝法】初心者でも簡単にできる5つのテクニックを紹介!

この記事を見た人は、
下記の記事もご覧になっています

Categoryカテゴリー一覧